働き続けるための家族の理解

看護師として働いてきた人が退職する理由として、家庭の事情と一言で片付けられてしまうことがよくあります。看護師は仕事として過酷になることが多いのが特徴であり、早朝から夜中まで働いたり、夜勤や残業に追われたりしてしまうことが多いでしょう。その生活リズムを保ったまま家庭生活を営もうとすると無理がある場合が多く、結婚したり子供が生まれたりしたときに家族のことを考えて仕事を辞めると決断することがしばしばあるのです。

自分一人で判断して辞めるという場合もありますが、むしろ配偶者から指摘を受けて辞めることになるケースも少なくありません。もともとは仕事を続けようと思っていた人も、配偶者からの指摘で辞める決断をすることがあるのが事実です。しかし、その根底にあるのが価値観の違いであることは多く、じっくりと相談すれば働き続けられる可能性があることは覚えておきましょう。仕事を楽しみたいという気持ちを持っていたり、仕事をしながらでも家庭を大切にできるという思いを抱いていたりするのなら、それをしっかりと主張することが大切です。価値観の違いを受け入れてもらう努力をしなければなりません。

誰もが自分の価値観に沿った形で生活していきたいと考えるものです。自分から主張をしなければ、考えていることは汲み取ってもらえないことをしっかり自覚して、積極的に看護師として働き続けたい意志を伝えましょう。理解してもらえれば、きっと働き続けるために協力してもらえるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です